昼も夜もここで! だれかとでもひとりでも過ごせるカフェ/

トリノカフェ (館山市)

公開日: 2018年11月20日

少し時代を遡り、私が子どもだったころ。暗くなった帰り道に、ホタルが飛び交っていたところ。そんな場所に現在、地域になじみオープンからクローズまでときを過ごしてしまう人がいるほど、居心地のいいカフェがあります。

富津館山道路・富浦ICから車で5分。JR内房線・那古船形(なこふなかた)駅から歩いて10分。館山のパワースポットとして数年前から絶え間なく参拝客が訪れる崖観音にもほど近く、参拝帰りに立ち寄る観光客も近年少しずつ増えています。


食べることと自然が好き! 移住して館山にカフェ・レストランを開いたワケ


とにかく自然や生き物が好きなオーナーの高野(たかの)夫妻。店名の「トリノカフェ」も、この店のテーマである“鳥”とイタリアの“トリノ”をかけて名付けたそう。「何か自分たちで、できる店をやりたい」と移住を検討。移住の候補地はいくつもあったのだといいます。それでもこの館山に決めた理由は、「北条海岸の夕陽に圧倒された。この地に立ったとき、町の印象がとにかく明るかったこと」と、話してくれました。実際8年住んでみて、静けさがカエルの鳴き声や虫の声などの自然の音を、身近に感じさせてくれるのも魅力なのだそうです。



カフェを開く前も、高野夫妻はずっと飲食業で働いていました。直和(なおかず)さんはレストランのほか、寿司店も経験。子どものころは、野球少年だったと話します。「野球少年がどうして飲食業を?」と質問してみると、「食べることが昔から好きだった」とシンプルな答えが返ってきました。

一方の洋子(ようこ)さんは、「騒がしい子どもでした」と笑っていました。洋子さんは20代半ばに飲食店に初めて勤務しましたが、そのとき「天職だ!」と感じたそう。そこからずっと飲食業にたずさわってきました。人生の早いうちに、自分が天職と感じられる仕事に出会えるって、すてきなことだと思います。


「今日はおもいきり話したい」そんなときに真っ先に思い出すカフェ


平日は、館山市内や南房総市富浦地区、千倉地区などの地元の方が、よく訪れます。とにかく仲間内で「話をしたい」とやってくる方が多いのだそう。カフェスペースで会話を長時間楽しむのは苦手な私でも、このカフェではきっと気がねなく、ずっといてしまうだろうなと感じました。

トリノカフェ近くの別荘にほかの地域から通う方も、午後から夜などに訪れ、ゆっくり時を過ごします。女性客が大半ですが、一人で訪れる男性客も。一人で訪れる方は、店内に置いてある本を読んだり、カウンター越しにオーナーと会話を楽しんだり。子ども向けに置いてある生物図鑑など、意外にも大人も楽しみ、長い時間眺めていたりするそうです。


ほどよく“ヘルシー”。丁寧につむぎ出された料理とデザート


料理の担当は洋子さん。デザートのケーキや、パンとドリンクは直和さん。料理作りに関して心がけていることを伺うと、「ヘルシーであることをいちばんに」と話していました。たとえば、トリノカフェのパスタやグラタンは、バターではなくオリーブオイルを使用。そのオリーブオイルも極力減らし、炒めたタマネギなど野菜でコクを出しています。

私自身が料理を作ることを考えても、バターなどを使えば簡単に旨味やコクを出せるところを、野菜などでコクを出すのは手間も時間もかかることと容易に想像できました。


ケーキも低カロリーになる工夫をしているといいます。実際いただいたチーズケーキもレモンなどで酸味を加えてあり、さっぱりとしているのに満足感の高いものでした。

それでいて“ビーガンやマクロビオティック”などのストイックに健康を追求する料理にしていないのは、「だってお肉も食べたいじゃないですか」というひと言に現れています。“健康は意識したいけれど、敷居が高くない”。食べることが好きな私は、なんだか心地よい安心感を覚えました。

夜もセットメニューで気ラク! 帰京前のひとときを



トリノカフェは夜も営業しています。19:00までと、そこまで遅い時間ではないですが、日中には時間を取ることが難しい方でも訪れることができ、地域住民の交流の場になっています。ランチと同様にセットメニューがあるので、とくにアルコールをメインにという方ではなくとも、気軽に訪れることができます。

首都圏から安房地域を訪問する方を悩ますのは、帰り道の混雑。週末に訪れる方が多いので、明日の仕事のことなどを考えると早めに帰宅し家で疲れを癒したいと皆が思うもの。けれども安房地域で夕方から夜を過ごし、ほんの少し時間をずらせば、渋滞は緩和に向かい、かえってスムーズに帰宅できたりもします。

安房でのときが、最後まで心地よい思い出になるように、富浦ICからも近いトリノカフェでゆっくり時間を過ごし、スムーズに帰宅。明日からの仕事が、楽しくなることうけあいです。


【店舗情報】
店舗名:トリノカフェ
営業時間:11:00〜19:00(L.O.18:00)
所在地:千葉県館山市船形624-2-1
定休日:月・木
Web:http://torinocafe.net/
Facebook:https://www.facebook.com/torinocafe.tateyama/

関連記事

ページトップへ