道の駅でも千倉らしく。老舗カフェが手がけるサマーハウス/

散歩カフェ (南房総市)

公開日: 2018年12月11日

道の駅が多い南房総市でも昔から人気の「道の駅ちくら 潮風王国」。バイカーやサイクリストも多いフラワーライン沿いの、レンガ調の大きな建物がそれ。太平洋を望むロケーションと地元の海産物をメインに扱う充実した物産コーナーなど、まさに千倉町を代表する観光スポット。いつも多くの人で賑わうそんな場所にも、カフェの町千倉を感じるさわやかなカフェテリアが併設されています。千倉の老舗カフェが手がける「散歩カフェ」をご紹介します。


千倉版サマーハウスへようこそ


サマーハウスとは、海外の避暑地に見られる簡易的な別荘のこと。散歩カフェの、さわやかでくつろげる雰囲気はまさにサマーハウス。イスやテーブルはアウトドア仕様のもので、ビーチテーブルにはパラソルを指すための穴も。開店当時から使い続けているそうで、時間経過によってできたやわらかいアンティークの風合いが昔からの海の町である千倉のイメージと重なります。店内も、白と青のマリンテイストが基調ですが落ち着いた色合いの懐かしい雰囲気で、いわゆる観光地に来たというイメージを忘れさせてくれる空間。窓際の席からは、太平洋の水平線と潮風王国の象徴でもある昔の漁船を模したオブジェが見え、海の町の空気を存分に味わえます。



この独特の懐かしくて洗練された空間にピンと来た人はかなりの千倉通。実は、この散歩カフェは千倉カフェの名店Sand CAFE(サンドカフェ)が手がけているのです(サンドカフェの記事はこちら)。道の駅でも千倉を代表するカフェの雰囲気が味わえるのはぜいたくではないでしょうか。今回はオーナーであるサンドカフェの込山さんにお話をうかがいました。


観光スポットにも千倉らしい個性を

散歩カフェが入る「道の駅ちくら 潮風王国」は今年で23年目。南房総でもかなり古い道の駅ですが、そのはじまりは海産物を扱う物産センター。その中に入るテナント募集に手を挙げたのが、すでにサンドカフェを始めていたオーナーの込山さんでした。千倉在住のアーティストの山口マオさんがギャラリーショップをやるということで、それならカフェも、という感じで一緒に出店をしたそうです。



「この潮風王国が建っている場所は、元々大きな原っぱでウチの子供が小さい時にはよくピクニックに来ていたくらいお気に入りの場所だったんだよね。一昔前、千倉の遠洋漁業が盛んだったころのオマージュとして中にも入れる漁船のオブジェも作られて。場所もよかったし、当時ほかの物産センターにカフェやギャラリーなんてなくて、建物も変わった形だったから、千倉を特徴づけられたんじゃないかな」と込山さん。物産センター時代から変わっていないという外観は、実は有名デザイナーがデザインしたものだそうで、確かに今見ても印象的な形をしています。

散歩の途中に立ち寄って、のんびりと


「散歩カフェとサンドカフェのネーミングが似ているのはまったくの偶然で、あとから気がついたんだけど(笑)」という風に話してくれた散歩カフェの名前の由来は、散歩途中に立ち寄ってもらえるお店をイメージしたから。「潮風王国の敷地自体も広いし、海辺も散歩できる。花の季節は花畑も見に行けるしね」と込山さんが話す通り、潮風王国周辺は散歩スポットがたくさん。



散歩カフェの入る建物の前は広い芝生広場が広がり、小さな丘やベンチ、子どもに人気のローラーコースターなどがあり、のんびり過ごすのはもちろん、犬の散歩にもおすすめ。海側は磯場が広がっていて、潮が引いているときには磯場に降りて遊ぶ子どもたち、童心に帰った大人たちが多く見られます。ヤドカリなど海の小さな生き物にも出会え、夏でなくても海を楽しむことができますよ。1月ごろからは、早春の千倉名物である花農家の花畑がオープン。まだほかの地方では雪も降っているような中、花畑の見物や、花摘みが体験できます(花摘みの記事はこちら)。



そんな千倉らしいロケーションに囲まれた散歩カフェは、ロケーションを楽しんだあとに立ち寄るのにぴったりです。人気のメニューはソフトクリーム。暑い時期はもちろん、寒い時期でも海を眺めながら食べるソフトクリームは格別。また、本格的な機械で淹れるエスプレッソやカフェラテも人気です。アルコールも用意があり、海を眺めながらのんびり一杯…という人もいるそうです。



旅行気分を盛り上げるお土産用の海雑貨も充実。海をモチーフにした木製のオブジェや雑貨、潮風王国をイメージしたオリジナルのTシャツなど、こだわりのラインナップで眺めるだけでも楽しめます。お土産に持って帰れば、千倉の海や町を思い出すアイテムになりますよ。



人気の道の駅というと騒がしい印象がありますが、ゆったりのんびり過ごせるカフェが千倉の道の駅にはあります。海産物のお土産を買って、千倉の海を眺めて散歩をして、疲れたらおしゃれなカフェでゆっくりひと休み、なんて千倉らしい楽しみを味わいに、遊びに来てみませんか?



【店舗情報】

店舗名:散歩カフェ(道の駅ちくら 潮風王国内)

営業時間:9:00〜17:00

所在地:千葉県南房総市千倉町千田1051

TEL:0470-43-1800

定休日:毎週水曜(オンシーズンは無休)

Web:http://www.sandcafe.jp/sampocafe/

関連記事

ページトップへ