カフェでありながら農家民宿、100年の歴史を感じながらくつろぐ時間/

KOZUKA513 (鴨川市)

公開日: 2019年10月28日

保田ICから鴨川方面へ、長狭街道を車で走ること20分、現れたのは真新しい外観のカフェ。それもそのはず、ここは2019年の6月に開店したばかりなのですから。

お店の名前はKOZUKA513。鴨川市金束(こづか)513番地という所在地をそのまま店名にしたそうです。実はこのお店、カフェ営業だけをしているわけではなく、農家民宿というかたちでゲストハウスも運営しています。

築100年の古民家に、想いを馳せる


中に入ってみると、カフェスペースは大きく2つに分かれていました。入り口を入ってすぐがテーブル席とカウンター席になっており、開放感のある窓から外を眺めることができます。この日は近所の外国人の方が食事に来ていました。



そして引き戸を開けると、そこに用意されているのは囲炉裏と丸テーブルの空間。ついつい横になってしまいそうなくらい心地よかったです。ちなみに、他のお客さんがいなければ横になってもいいとのことでした。



全体的にモダンな作りになっていますが、実はこのカフェ、もともとは築100年の古民家でした。梁と柱と建具のほかはほとんど改装したそう。「まずは自分たちにとって居心地のいい空間を作りたかった」と、オーナーの一人である畑沢さんは言います。田舎と都会的な雰囲気が程よくミックスされ、お客さんにとっても居心地のいい空間であることは間違いないです。



また、店内にはいくつか古道具が展示されていました。これらは、前の古民家の持ち主から譲ってもらったものだそうです。店内のいたるところに古民家だったころ面影が残っており、建物の歴史に思いを馳せることができます。


念願のカフェは、偶然の出会いから

オーナーは二人おり、畑沢と工藤さんで運営しています。お二人はもともと同じ会社の先輩と後輩の関係だったのですが、サーフィンという共通の趣味により意気投合。転職して会社が分かれてからも、鴨川の海でよく一緒にサーフィンをしていたそうです。畑沢さんと工藤さんは料理が好きという共通点もあり、いつしか二人でカフェを営みたいと思うようになりました。そんな折、たまたま鴨川で古民家を紹介してもらえることになり、兼ねてからの望みであったカフェを始めることを決意。それぞれ会社を辞めて、10ヶ月ほどかけて古民家を改装し、営業を開始しました。


料理中の工藤さん(画像左)と畑沢さん(画像右)

メニュー開発なども二人で行い、基本的に役割分担はしないようです。その代わりお互いの得意な部分を活かしていき、よりよいかたちで営業を続けていきたいと畑沢さんはうれしそうに話してくれました。


口どけがたまらない、ほろほろチキンのカレーランチ

そんなお二人が作る、チキンカレーランチをいただきました。注文したときは、てっきりゴロッとしたチキンが入っているものと想像していたのですが、出てきたのは、ほぐれたチキンが入っているタイプのカレー。工藤さんの好みで決定したそうです。ほろほろチキンの口どけがたまらず、2杯目のおかわりをしたい自分を必死に抑えていたことはヒミツです。


副菜は、ピンクペッパーをのせたポテトサラダに、甘みが強いミニトマトの冷製スープ。じゃがいもやトマトはカフェの裏にある畑で採れたものらしく、地産地消そのものです。KOZUKA513は地産地消をお店のコンセプトの一つとして掲げており、なるべく鴨川の食材を使っていきたいという思いを聞かせてもらいました。




このようにお二人の鴨川への愛は、食材からも感じることができます。作り手の思いを感じながら食べるとよりおいしく感じるのは、本当に不思議なものです。


農作業のできるゲストハウス

カフェスペースに隣り合う部屋は農家民宿のゲストハウスです。ただ泊まるだけではなく、裏の畑で農作業を体験することができます。お客さんの中には都心からやってくる家族もおり、子どもに農業を経験させたいという要望を持っていることもあるそう。



自然に親しみ、地域と触れ合うことができるという点で、農家民宿にすることには大きな意味があるのだなと思います。


男性が一人でも入れるようなお店づくりを目指して

2019年9月現在、開店から3ヶ月が経ち、KOZUKA513は次の目標に向けて歩み始めています。カフェとして目指している姿は、「男が一人でも気軽に入れて長居できるお店」だと畑沢さんは話してくれました。男性が気軽に入れるカフェが少ない中で、「雨の日に行くところがないからふらっと立ち寄って、本を読んでいたらいつのまにか3時間も経っていた」と、こんな感じの使い方をしてほしいそうです。たしかに時間を忘れるくらい落ち着ちついてしまうなと、筆者は身をもって実感しました。



都会の忙しい毎日の間に訪れて、ゆっくりまったり、ほっとひと息つく。そんなぜいたくな時間の使い方ができるKOZUKA513の雰囲気に、呑まれてみてください。


【店舗情報】

店舗名:KOZUKA513

営業時間:11:00~18:00

定休日:水、第1・3木

所在地:千葉県鴨川市金束(こづか)513番地

駐車場:10台程度

Twitter:https://twitter.com/kozuka513 

Facebook:https://www.facebook.com/kozuka513/

Instagram:https://www.instagram.com/kozuka513/

TEL:04-7096-5385

備考:臨時休業などの情報はTwitterで確認

関連記事

ページトップへ