また来たくなる!「オトナの宝探し」ができる場所/

おやつマルシェ&Zakka Owl (館山市)

公開日: 2019年07月16日

地元はもちろん、県外からの常連が多いお店「おやつマルシェ&Zakka Owl(雑貨オウル)」。フレーバーの入れ替えも楽しみなこだわりワッフルや地元“おやつ作家”さんの焼き菓子、センス抜群の雑貨や手作りアクセサリーがリピーターを作っています。カフェにはない気軽さとおいしさ、新しい出会いの楽しみを、ご紹介します。


おしゃれ空間にただよう甘い香り

館山から鴨川方面へ国道128号線を館山駅から車で10分ほど行ったところにある「おやつマルシェ&Zakka Owl(雑貨オウル)」。お隣には洋服などのセレクトショップ「ANDSOAK(アンドソーク)」があり、館山でいちばんおしゃれなエリア、と言う人も。しかし青果市場の一角でもあるその場所は、一見おしゃれなお店があるとは思えない立地で、そのミスマッチが目を引きます。



白い壁にレトロなウォールランプ、木製のガラスの引き戸の前には長テーブルとベンチ。多肉植物などのグリーンが彩りを添える店頭。引き戸を開けると、出迎えてくれるのは所狭しと並べられた雑貨とアクセサリーたち。個包装されたワッフルや焼き菓子が並ぶのは正面奥です。奥には小さなカウンターがあり、焼き立てのワッフルやコーヒーはここから提供されます。


焼き立てワッフルはミルクワッフルのみ(ほかのフレーバーもあたためは可能)。シンプルですが、店内やお店の前でこの空間を楽しみながら食べる焼き立てワッフルは格別なんです。あたたかいミルクワッフルの甘い香りとコクのある味がコーヒーにピッタリでほっと一息つかせてくれます。モチモチとしているので食べ応えがあるのも特徴です。


完成まで約1年! オリジナルレシピのこだわりワッフル


「現在のワッフルの元になるレシピができるまで1年間試行錯誤を繰り返しました」と話すのは、オーナーの村上ユタカさん。今まで30以上もの職種を経験しながらも本格的な飲食業経験はなし。妻のfumiさんが営む雑貨店の移転に伴い、雑貨にプラスして何かやろうと考えていたところ、fumiさんから「ワッフルって、このあたりではあんまり売ってるところがないし、いいんじゃない?」との意見があり、ワッフルの研究をはじめました。


「最初はお菓子研究家にレシピを依頼する流れになっていたのですが、結局自分でレシピを作ることになって。本業ではないので試作はかなりしましたね。レシピの数は数百にのぼります。1年間試行錯誤して、やっと納得がいくレシピが完成しました。今も少しずつ進化させ続けています」。やっと行きついたワッフルの基本材料は、地元の房州酪農牛乳・平飼い有精卵、北海道の小麦粉・てんさい糖、沖縄の塩、秋田の白神こだま酵母、てん菜を使ったベルギー産のパールシュガー。ベルギーワッフルに欠かせないパールシュガーだけはベルギー産ですが、それ以外はすべて国産。生産者の顔が見える質の高いものを選んでいるそうです。


地元の“おやつ作家さん”と地元のいちご

おやつマルシェの特徴のひとつに、“おやつ作家さん”の存在があります。これは、ワッフルだけでなくほかのおやつも提供したいと村上さんが思いついたアイディア。ワッフルを作るとき以外は空いているキッチンと「お菓子を作って売ってみたいけど、自分でイチからはじめるのは大変…」と思っている地元のお菓子作り名人をマッチング。始めた当時はかなり珍しいアイディアで、複数のメディアから取材が来たそうです。



現在活躍する“おやつ作家さん”のひとり、fooさんの作る焼き菓子は優しい甘さとかわいらしいひと手間が人気。猫がアーモンドと季節のモチーフ(夏はスイカや浮き輪など)を抱っこしている2枚組のクッキーは、小さなプレゼントの定番になりつつあります。



そして、おやつマルシェの夏の人気商品が、地元館山産いちご100%シロップのかき氷。近隣のいちご農家から集まったいちごと砂糖、レモン汁を混ぜ合わせただけで作るシロップは火を通さないのでフレッシュ感が強く、甘酸っぱさが際立つ仕上がり。ゴロゴロとした果肉も楽しめます。毎年かなりの人気で、シロップがなくなり次第終了となるそうです(2019年は7月11日より販売開始)。2019年の夏は、館山市内の人気飲食店が参加する「夏の生シェイクまつり」にも参加。牧場の新鮮ミルクのソフトクリームを使った生シェイクに各店舗独自のフレーバーをプラスし販売する企画で、おやつマルシェでは千葉県産&オーガニックの濃厚ピーナッツ生シェイクでエントリーしています。


ワッフルも雑貨も、宝探し感覚で


「このお店は『大人の駄菓子屋』もイメージしているんです」と話す村上さん。「ワッフルも僕のひらめきや季節でフレーバーが変わるし、雑貨もかなり入れ替えがあって企画展も頻繁にやっています。fumiの手作りアクセサリーもその時によってラインナップが変わるので、来るたびにどこかが違うと思うんですね。だから、宝探しみたいな感覚で何度も来てもらえたらうれしいなと思います」。



抜群のセンスで雑貨と手作りアクセサリーを担当する妻のfumiさんは「ワッフルは手土産にもよく購入してもらうんですけど、『人からもらって食べたらおいしかったから自分で買いに来ました』って人が結構いて。雑貨好きの女性なんかがネットで調べて来てくれたりもします。何を売っているか分かりにくくて(笑)入るのにちょっと勇気がいる外観ですけど、一度来てくれたら気に入ってくれるお客さんが多いですね」とにっこり。実はfumiさんが以前やっていた雑貨店「ポーチュラカ」は知る人ぞ知るかなりの人気店で、そのころのお客さんも多いのだとか。



こだわりがあるからこそリピート率の高いワッフルや雑貨好きをうならせる雑貨やアクセサリー、それを生みだす村上さんご夫妻の魅力がギュギュっとつまった「おやつマルシェ&Zakka Owl」。自分やあの人のお気に入りを探しに、ガラスの引き戸を引いてみてはいかがでしょうか? 新しい出会いがきっと待っています。




【店舗情報】
店舗名:おやつマルシェ&Zakka Owl(ザッカ オウル)
営業時間:11:00~19:00(日曜日のみ11:00~17:00)
定休日:月・火(祝日の場合は営業することもあります)
所在地:千葉県館山市安布里223
(館山中央青果地方卸売市場内)
TEL/FAX:0470-23-0052
駐車場:10台
Web:https://www.oyatsumarche.com/

関連記事

ページトップへ