2019年度決定版! 館山は関東が誇る体験の宝庫20選

公開日: 2019年06月20日

アクアラインで海を渡って鋸山(のこぎりやま)を抜けると、海と里山が輝くパラダイス!

真冬に菜の花やポピーが咲き、定番のイチゴ狩りやビワ狩りに加えて一年中楽しめる農産物の収穫体験。外房はサーフィン、内房はSUP、表情豊かな海岸線はカヤック、魚影豊かな深海はダイビングなどファンを惹きつけてやみません。

挙げたらキリがないほど幅広い海山体験の数々。そう、館山・南房総は趣味やアクティビティの宝庫なのです。

今回はその一端をピックアップしてご紹介! 神社仏閣などの観光スポットもたくさんありますが、もう一歩踏み込んだ「体験」でせっかくの休日は心身をリフレッシュして海山の自然を存分に楽しんでください。

暖流黒潮に恵まれた幅広い海の体験

まずは、海をフィールドにした体験をご紹介。暖流黒潮が到達し東京湾と太平洋に挟まれた半島、館山・南房総はマリンスポーツの王道から最近登場したアクティビティまで、体験のボリュームも年々厚くなっています。興味ある体験から海との新しい関係をはじめてみては?


  • SUP

スタンドアップパドルの略で、長いボードの上に立って海上を進むマリンスポーツ。サーフィンのように波に乗ることもできますが、カヌーのように漕ぐことに力点があります。波穏やかな館山湾はSUPに最適なゲレンデと呼び声が高く、危険が少ないので女性にも大人気。海の上を散歩するように移動して景色を楽しみましょう。


ローカルホストのプライベート体験

料金:5700円(2人〜5人のグループ体験)

所要時間:2時間

集合時間:12:30

集合場所:SEA DAYS(千葉県館山市北条2307−52)


■SUPの体験レポートはこちら↓

アクティブにもリラックスにも、SUPビギナーが館山湾で初挑戦/SEA DAYS(館山市)

  • 体験ダイビング

ダイビングというと深海に潜るにはライセンスが必要ですが、比較的浅い海で「体験ダイビング」はいかがでしょうか。館山・南房総は黒潮と親潮が混ざり合い、さらに東京湾の入り口にあたるため魚影がとても豊か。9つのダイビングショップによる「千葉ダイビンングサービス協力会」が発足され、それぞれのフィールドとする海の魅力や個性を発信しています。


西川名オーシャンパーク

料金:15000円(税別)

時間:2〜3時間

集合場所:千葉県館山市西川名849−4

TEL:0470-29-1411


千葉ダイビングサービス協力会


  • シーカヤック

ボートの一種でパドルで漕いで海を周遊するスポーツ。海の波や風に適した作りをしているため安定性が高く、波静かな館山湾を探検するにはぴったり。海面との距離が近いため、広大や海や地球の形を肌で感じることができます。波しぶきの音だけ響く無音状態の海は最高のエクスタシーです。


ソルティーズ・パドル・スポーツ

料金:7500円

時間:2時間半

集合場所:千葉県館山市香178-8

TEL:0470-28-5830


■シーカヤックの体験レポートはこちら↓

泳げなくても大丈夫だった! シーカヤックでプチ冒険/パドリング アーキペラゴ(南房総市)


  • スノーケリング

体験ダイビングよりももっと気軽に海に潜るマリンスポーツ。館山・南房総は黒潮の北限域にあたり、温暖な海はなんとサンゴが生息しています。南国から海流に乗ってやってきた熱帯魚も多く、館山の観光名所「沖ノ島」では、ソラスズメダイやクマノミなどの可愛い魚や群れを観察することもできます。


沖ノ島ダイビングサービスマリンスノー

料金:4500円〜7000円(税込)

時間:2時間半

集合場所:千葉県館山市沼985-5

TEL:0470-29-5182


  • コーステアリング

自然体験のインストラクターが独自に体験をつくっているのが大房岬自然の家。年間にいくつもイベントを開催していますが、中でもコーステアリングは体一つで海岸線を突き進む新しいマリンスポーツ。専用の装備をしてゴツゴツした岩場も海もアドレナリン全開でガンガン突き進みましょう。


南房総市大房岬自然の家

料金:高校生以上5000円、中学生以下4700円(税込)

時間:3時間程度(オリエンテーション・準備・着替え・出発地点までの移動などを抜いて)

集合場所:千葉県南房総市富浦町多田良1212-23

TEL:0470-33-4561


  • ウミホタル観察

アクアラインのPA名で有名な「海ほたる」。これは実は海中の生き物「ウミホタル」から名付けられていることご存知ですか? 刺激を受けたり、求愛したりする時にコバルトブルーの幻想的な光を発します。館山は、全国的にも数多くウミホタルが生息する有数の土地。ローカルホストが採集して発光を観察するガイドを行なっているので、ぜひウミホタルに会いにきてください。


ローカルホストのプライベート体験

料金:1540円〜(3人からのグループ体験)

時間:1時間

集合場所:館山夕日桟橋(千葉県館山市館山1564−1)


  • クルージング

日本地図を逆にしてみましょう。実は千葉県は太平洋に最も突き出した半島。ここは、ヨットを愛する人々が集う地でもあります。外洋に出ることも、日本列島沿岸を旅する人も、たくさんの船長が港に船を停泊しており、キャンセル待ちが相次ぎません。港を出発して海上でエンジンを切るとき、そこに広がる無音の世界。風を駆使して進んでいくヨットと船長の手さばき。一度は体験してほしい館山ならではのクルージングです。


館山ベイクルーズヨットクラブ

料金:6400円〜(5人の場合)

時間:コースによる

集合場所:船形漁港(〒294-0056 千葉県館山市船形297−88)

TEL:080-5873-6115


低名山の体験で、山の一歩を踏み出そう!

千葉県は最も高い山が日本一低いこと、ご存知ですか? 最も高い山は南房総市の愛宕山で408メートル。つまりそれほど山が低いということ。しかし、人呼んで「低名山」という山々は険しい山とは違った魅力にあふれていて、近年登山客が急増しています。冬の時期でもほとんど雪が降らないところも登山客のニーズに適っているようです。


  • 鋸山

2018年、日経スタイルが「外国人が次に目指すディープジャパン15選」で高野山に次いで2位に取り上げるほど注目を受けているスポット。奈良時代に関東平定の拠点となった歴史も興味深いですが、日本で唯一「日本」の名を冠した「日本寺」の日本一大きな大仏(31メートル)は圧巻。30メートルの百尺観音や1500体以上の石像「千五百羅漢」も歩くルートに現れます。たくさんのコースがあるので、初心者の方も上級者の方も各々登山を楽しむことができるでしょう。

■鋸山の登山記事はこちら↓

https://awano.co/articles/5


  • ツリーハウス作り

幼い頃、誰もが憧れを抱く「秘密基地」。南房総の人里離れた山の奥に、そんな夢をかなえるツリーハウス村(ヴィレッジ)があります。樹木の間にツリーハウスを建てる方法を教わることはもちろんのこと、電気を使わない「オフグリッド」の環境で、心身をリフレッシュするディープな体験です。スマホやIT機器に囲まれた現代、デジタルデトックスで五感を研ぎ澄ます時間を過ごしてみたい方は、ぜひ!


ガンコ山ツリーハウスヴィレッジ

料金:22140円〜

時間:1泊2日〜2泊3日(予め開催日が決まっています)

集合場所:千葉県南房総市大井218-1

TEL:0470-29-7183


  • 南房総ロングトレイル(2019年度は企画中)

「南房総ロングトレイル」は、山、海辺、田舎道などを結んだ道(トレイル)です。インストラクターが先人の残したマップやコンパスを頼りに今は使用されていない道も含めて、魅力的なコースを開拓。古来日本人に受け継がれてきた暮らしや文化の痕跡に触れながら、生の自然を体感。時折出会う絶景に目を奪われることでしょう。


大房岬自然の家

料金:6500円

時間:6時間

集合場所:千葉県南房総市富浦町多田良1212-23

TEL:0470-33-4561

海風と温暖が育む農産物の収穫体験

気候や風土のバランスが取れた館山・南房総は関東随一で幅広い品目が生産可能な農業地帯。海からのミネラルや程よい風を受けてしっかりとした根を張った味の濃い農産物が生産されています。広大な農地が少ないため、生産者が手塩をかけた産品が育てられているところもこの土地ならでは。ぜひ収穫体験でその味を感じ、さらに農家さんとの会話に花を咲かせてください。


  • 花摘み(1月~3月)

真冬に花が咲く温暖な館山・南房総。館山から南房総千倉まで、ぐるっと約40kmの「房総フラワーライン」が通り、冬から春は花摘みの観光客でにぎわいます。ストックやポピー、キンギョソウ、キンセンカなど数多くの種類の露地花が咲いており、ワンコインで両手いっぱいの花を摘むことができます。


■花摘み体験記はこちら↓

https://awano.co/articles/3


  • イチゴ(1月~4月)

毎年皇室に献上されている館山のイチゴ。50年以上前に生産がスタートし、生産農家が手塩をかけて育てたフレッシュなイチゴ狩りが大人気。品種は主に「紅ほっぺ」と「章姫」。時間を決めて食べ放題で、希望で練乳をつけることもできます。2箇所の生産団体があるので、それぞれの地域や味を楽しんでください。


館山いちご狩りセンター

料金:1200円〜1800円(時期によって異なります)

時間:30分食べ放題

集合場所:千葉県館山市山本257-3

TEL:0470-22-3466


■館山観光いちご狩りセンター

料金:1200円〜1800円(時期によって異なります)

時間:30分食べ放題

集合場所:千葉県館山市大戸16

TEL:0470-22-4717


・ビワ(5月~6月)

南房総の特産品といえば「ビワ」。千葉県特産物「房州びわ」に認定されており、こちらも毎年皇室に献上されます。道の駅グランプリを受賞した「とみうら枇杷倶楽部」で人気が爆発し、ビワ狩りもさることながらビワを使ったスイーツの種類は約50種類。名実ともにビワの王国なのです。1年に渡って手のかかるビワですが収穫期が短く、収穫体験は時期を見逃さないようにご注意です。


道の駅とみうら枇杷倶楽部

料金:時期はプランによって異なります

時間:プランによって異なります

集合場所:千葉県南房総市富浦町青木123-1

TEL:0470-33-4611


・ハーブ摘み(5月~11月)

幅広い農産物を育む館山・南房総はハーブを愛する人々が集う場所でもあります。バジルやレモングラス、カモミールなど、比較的身近なハーブから珍しいものまで、たくさんの品種が育っています。体を癒すハーブだからこそオーガニック栽培にこだわる人も。採れたてのフレッシュなハーブはその効果も大きく期待できるそうです。夏場はたくさんのハーブが育ちますので、ぜひ収穫体験に足を運びください。


ハーブちくら

料金:2500円

時間:1〜2時間

集合場所:千葉県南房総市千倉町瀬戸(詳しくはHPまで)


・スイートコーン(6月~7月)

ここ10年ほどの期間で人気が急上昇しているのが生でも食べられるスイートコーン。トウモロコシ味来(ミライ)やピュアホワイトなど数々の品種があり、従来の常識をくつがえす甘さを誇ります。海岸沿いの砂地で作られる館山・南房総産は絶品。一般に砂地で栽培する野菜は甘くなりますが、なんと館山のスイートコーンはメロンの糖度を越すことも。その場でバリッともいでかじりついてください。きっと驚きで笑みがこぼれることでしょう。


百笑園

料金:600円

時間:30分

集合場所:千葉県館山市藤原837

TEL:0470-28-3200


・イチジク(8月~11月)

トロッとした和を感じる甘みが特徴的なイチジク。温暖なこの地域では、その昔からイチジク栽培が盛んですが、最近では収穫体験も。実はイチジクは熟してから足が早いため、完熟したイチジクはスーパーには出回らないのです。イチジクの最も美味しい瞬間を味わえるのは収穫体験だけ。一般的な桝井ドーフィンだけでなく、時期によってはバナーネやネグローネなど珍しい品種も食べることができます。


館山パイオニアファーム

料金:1100円〜

時間:30分程度

集合場所:千葉県館山市正木441

TEL:090-2459-1094


■いちじく狩り体験レポートはこちら↓

館山の新名物いちじくを体験と直営スイーツショップで楽しむ/館山パイオニアファーム&T・P・F (館山市)

ママもパパも、子どもも楽しい! いちじく狩りで五感フル活用しよう/館山パイオニアファーム&T・P・F(館山市)

・酪農バターづくり(通年)

南房総は日本酪農発祥の地。徳川八代将軍吉宗公がインドから白牛を輸入して南房総で育てたのがその始まりで、その技術は江戸から昭和にかけて日本の酪農界をリードしてきました。現在も酪農家の数は多く、中には搾り立ての牛乳でバターづくり体験を提供しているところも。牛を間近で見ながらの体験で、お子さんの教育にもピッタリでしょう。酪農発祥の地ならではのスイーツ商品も数多くあり、ソフトクリームスポット巡りも人気のグルメコースです。


須藤牧場

料金:350円〜

時間:30分

集合場所:千葉県館山市安東337

TEL:0470-22-9732


海山をバックに文化体験も!

もちろん体験は海山だけではありません。個性豊かな文化体験で世界にたった一つの作品づくりはいかがでしょう? せっかくアウトドアを楽しみに来たのに残念ながら雨という日にもぴったり。バッチリ南房総を堪能できること間違いなし。ホストとの会話も思い出に残ることでしょう。


・彫金体験

純銀を叩いて2mm程度の厚さにし、自ら描いたデザインを打ち込む体験。自分の名前やシルバーの文字を入れるところまで全工程を体験することができます。シルバーアクセサリーは都心部でも手に入りますが、海の目の前で「あなたの海」をデザインしたら、そのひと時は永遠に純銀に刻まれるのではないでしょうか。そんなあなただけのアクセサリーを波音を聴きながら作りませんか?


彫金工房「冨銀」

料金:3800円

時間:1.5~2.5時間 人数によって変わります

集合場所:千葉県館山市那古925-25

TEL:090-7838-4555


■彫金体験のレポートはこちら↓

1000年先へのギフト、シルバーアクセサリー造り体験/彫金工房 冨銀(館山市)


・陶芸体験

陶芸といえば、全国各地に体験する場もありますが、ここ南房総でもゆっくりとした時間を感じながら好きなようにマイ食器を作ることができます。専門的な知識は一切不要。その道のスペシャリスト兼ローカルマスターが陶芸と南房総について豊かな時間を提供します。海山の体験は基本アクティブですが、ゆっくりと話ができる文化体験はまた格別です。


都美恵窯

料金:4000円(税込)

時間:2~3時間

集合場所:千葉県南房総市白浜町滝口1201-2


・貝のお磨守(まもり)ペンダントづくり

思い出キラキラいつまでも!貝を磨いてつくる、輝く海の宝石づくり。海岸線を歩けば、貝殻やシーグラスなど、長い月日を漂流してたどり着いた海辺の宝物が待っています。貝殻を一つ選んでお守りを作るのが、「貝のお磨守(まもり)ペンダントづくり」。とってもシンプルだけど、磨けば磨くほどキラキラ輝く貝殻に夢中になってしまう体験です。ご案内は、唯一無二の貝磨き職人福ちゃん。ロマンあふれる福ちゃんのエッジの効いた海のストーリーもぜひご堪能ください。


貝の磨ほう使い団

料金:500円〜

時間:30分〜

集合場所:館山市伊戸 ご予約のお客様に場所の詳細を送ります


ローカル体験の入り口は館山・南房総から

都市部には都市部の、ローカルにはローカルの良さがあります。現代はインターネットやSNSの普及とともにより身近にローカルに触れることができるようになりました。そこで注目を受けているのが「体験」。

海山の自然は眺めるだけでも癒されますが、アクティビティを実践すればさらに深い関係が結ばれていきます。その道のプロや地域住民と触れ合うことで今まで知らなかった世界に導かれるかもしれません。全国津々浦々に独特のローカルが広がっていますが、関東であればまずは館山・南房総。ここでローカルを体験して、さらに豊かな人生を送るきっかけとなれば幸いです。


関連記事

ページトップへ