12月からずっと花盛り! 水仙と桜のダムで、のびのびお花見タイム/

佐久間ダム湖親水公園 (鋸南町)

公開日: 2019年03月05日

佐久間(さくま)ダム湖親水公園は、どの季節も楽しめる憩いスポットです。南房総の入り口、安房郡鋸南(きょなん)町の山エリアにあり、ダムを取り囲むように1周約2kmの遊歩道があります。鋸南富山インターより約5.4㎞、車や町循環バスでのアクセスもよく、冬になると花を求めて観光バスもたくさん。


四季折々の花を植栽し、とくに12月から見頃の水仙と、2月上旬から咲く“頼朝桜”(河津桜)や多種にわたる桜の名所です。散策やハイキングにランニング、BBQやキャンプと、楽しみ方もたくさん。“自分セレクト”な遊び方が転がっている佐久間ダム湖親水公園で、のびのびと自然を感じてみませんか。


甘~い香りに囲まれて、のびのび冬に花見はいかが?

12月から見頃をむかえる水仙。鋸南町は、淡路、越前とならび、日本三大水仙群生地のひとつです。鋸南町全体で、1億本もの水仙が植栽されています。


「お花見広場」に咲き誇る日本水仙(1月中旬撮影)ダム湖は写真奥

町内には水仙の名所が点在しており、佐久間ダム湖親水公園も12月~2月初旬ごろ、あたり一面に咲き誇ります。冬のきりっとした寒さの中、水仙のあまい香りが風でふわっと舞うと、すがすがしい。三脚持参のアマチュアカメラマンにも人気のスポットです。


桜は2月から4月まで。こんなに桜シーズンが長い公園ってある?


桜の開花シーズンに開放されるアーチ水管橋。向こう岸には桜の小道があります

水仙の見ごろがすぎると、同時に始まるのが桜シーズンです。とにかく豊富なのが、桜の種類! とくに植栽が盛んな頼朝桜(河津桜)をはじめ、山桜、ソメイヨシノ、しだれ桜、八重桜などなど。2月中旬から4月にかけて、早咲きから遅咲きの品種まで、約2200本のさくら色でダム湖が染まります。


桜の季節がすぎると、今度はツツジやアジサイ、古代ハスなどが夏に向けて次々に咲き出します。


ぶらりお花見さんぽ、フォトジェニックな場所はココ!



佐久間ダム湖親水公園は、おおまかに分けて4つのエリアがあります。道が舗装されているので、どのエリアも、車いすやベビーカーで、気軽に散策が楽しめます。


ぶらりお花見散歩におすすめのエリアは、「お花見広場」。水仙が所狭しと咲き誇り、ダム湖入口からいちばん近くにあるスポットです。水仙や頼朝桜の開花時期には、夜間ライトアップをしています。



無料休憩所があり、近隣施設のパンフレットも豊富に置いてあるので、ついでにチェックしても。近くには水仙や桜の開花時期限定の、自家焙煎コーヒーカフェ「藁珈琲洞のアトリエtsugihagi」があり、コーヒー通にもおすすめです。


レジャーシートでまったり派も、BBQで里山ランチ派もOK


4月初旬の「都市と農村交流広場」にある桜の遊歩道。6月は桜の木の下をアジサイが彩ります

春の大人気イベントのひとつ「桜まつりにぎわいイベント」も行われる、芝生広場が広がる「都市と農村交流広場」エリア。秋には鋸南町主催の「ジビエBBQ大会」も開催し、多くの観光客でにぎわいます。水道も整備されており、1年を通して個人でBBQをしてもOKなので、お花見バーベキューをしている方もたくさん。鋸南町の使用許可をとれば、キャンプ(有料)も楽しめます。


広い芝生広場にレジャーシートを広げ、ごろ寝でまったり読書なんて、ぜいたくな楽しみ方もおすすめです。ちなみに私の一押し穴場スポットは、「おといざわの滝」。奥まった場所にあり、知る人ぞ知る穴場です。 穏やかなせせらぎが耳に心地よい場所です。


子連れやアクティブ派には親水ハイキング&プチ登山


梅の花の季節は、梅園の甘酸っぱい香りがあたりいっぱいに(1月下旬撮影)

木道が水辺にせり出している「水辺広場」エリア。この水の近さを見てみて! カモがお散歩していることも。親水公園という名のとおり、水と季節の花や山に囲まれ、リラックスできること間違いなしです。


外遊び大好きなお子さん連れや、アクティブ派に行ってほしい、「水辺広場」にある展望台。ルートがいくつかあり、ソメイヨシノ、ヤマブキが咲くルートや、しだれ桜が咲くルートがあるので、プチ登山にもってこいです。


展望台へあとひと息の場所。展望台には、あずま屋が。その先は、セラピーコースが続く

余力があれば、展望台の先にある遊歩道(セラピーコース)へ足を延ばすのもおすすめです。やや斜面が急ですが、木々に囲まれているので、森を散策している感じがして私が好きな場所のひとつです。冒頭の画像はセラピーコースから撮影したもの。高台からの景色は圧巻です。


金メダリストの高橋尚子選手も強化練習していたランニングコース


「きょなんリレーマラソン」というイベントも開催されている佐久間ダム。空気が澄んでいる湖畔、一周約2kmを周回することができます。アップダウンが少なく、舗装された周遊コースがあるのは貴重。それゆえか、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子選手も強化練習していた場所なんです! ちなみに、「都市と農村交流広場」にもっとも近い駐車場には、高橋尚子選手と小出監督による『夢』と題した記念碑があります。


『夢』の題字の下には足形も。左から高橋尚子選手、鈴木博美選手、有森裕子選手の足形

私もランニングを楽しむひとり。開放感抜群なダム湖のほとりは、各エリアで景色がガラッと変わるのも、楽しみのひとつです。小鳥のさえずり、木々の葉音、水面をきらめく陽光。湖畔ランニングは、大自然を身体いっぱいに感じることができます。


地元民でもリピーターが多く、桜の開花季節にはTVなど多くのメディアにも取り上げられる人気ぶり。都心部からドライブでぶらりと来るにもぴったりな場所。ひなたぼっこをしに、ダム湖へ行ってみませんか。



【公園情報】

公園名:佐久間ダム湖親水公園

営業日:通年

営業時間:いつでも(佐久間ダム湖観光案内は10:00~16:00)

所在地:千葉県安房郡鋸南町大崩39

駐車場:多数あり(各所に点在しています)

Web:http://sakumadam.com/

Facebook:https://www.facebook.com/sakumadam/

TEL:0470-55-8115

備考:イベント開催時は車両通行止めあり

   観光バスは別途予約(有料)

関連記事

ページトップへ