昼も夜も心地よく。ハイセンスな家庭料理を笑顔とともに/

雑貨&ダイニングカフェ レリーサ (南房総市)

公開日: 2019年02月26日

高速館山道の終点、富浦ICを降りたら右折して5分。黒いおしゃれな一軒家が見えたら、そこが今回ご紹介する「雑貨&ダイニングカフェLerisa(レリーサ)」です。レリーサには気になるキーワードがいくつかあって、まずは「季節野菜」、それから「アロマと雑貨」、そして「笑顔」。旅の始まりにも終わりにもぴったりな「笑顔」(イタリア語でレリーサ)になれるお店。その魅力をひも解いていきます。 



カラダとココロによいごはんのススメ

店内に入ると、所狭しとならべられたセンスあふれる雑貨にまずは目がとまります。食器や衣服だけでなく、アロマの精油やスパイスも種類が豊富。小一時間は見ていられる楽しい空間です。店内はよい香りにつつまれ、来店を出迎えてくます。これからゆったりとした食事の時間を楽しめる…そんな予感でいっぱいになります。


ランチのメインは季節野菜をたっぷり使った2ウィークランチ。2週間ごとに変わるので飽きることなく旬のお野菜を楽しめます。ある日のメニューは「レンズ豆と緑豆とひよこ豆とお野菜のスパイスカレー」。これに野菜のピクルスとキヌアサラダ、菜花のオムレツ、キャベツとベーコンのスープ、そして十六雑穀米がつきます。身体に優しくおなかもいっぱいに。お店のコンセプトをオーナーの高尾國代さんにお聞きしました。



「カラダとココロにいちばんよいごはんは、お母さんの料理だと思うんです。だからレリーサが大切にしているのは家庭料理であること。難しいものではなくて、愛情があればだれでもつくれるもの。スパイスカレーだってなんとなく大変そうだけれど、覚えてしまえば簡単なんですよ」。必要なスパイスも店内で売っているから食べておいしかったらレシピも教えてくれるのだそう。持ち帰って家庭の味にしてほしいと話してくれました。


実際にレリーサのお食事を食べてみると、おしゃれでおいしくて家庭で作るなんてとてもとても…でも高尾さんのていねいなお話を聞いているうちに私でもできるような気持ちに! チャレンジしたくなってきます。なにより「お母さんのごはんがいちばんおいしい」と言ってもらえることは、一児の母でもある自分にとってもとてもうれしいこと。また、上質な家庭料理を食べられるレリーサでなら、おいしくて安心できて罪悪感のない食事が家族と楽しめそうです。



笑顔を作る、ごはんとアロマ

レリーサのもうひとつの軸、アロマについても「誰かに伝えたい」という高尾さんの想いは同様です。「子どもたちが小さかったころ、それまで感じたことのないほどのストレスをかかえてしまって。精神的にどん底まで落ちたことがあったんです。もちろん病院にも行ったのだけれど、アロマの力でゆるやかに回復していけたことが自分には合っていた。同じように悩む人がいたら、自分の経験が役に立つかもしれない」。


カフェの料理もアロマも、特別と思いこむ必要はない。家でも試してほしいから、高尾さん自身がよいと知ったことは誰かに伝えたいーー。そう話す笑顔は太陽のように明るくて、そうかこれがレリーサの魅力なのだなと気がつきます。安心できる家庭料理、うれしくなるような雑貨、心を癒すアロマ。それはすべて”誰かの笑顔”につながっている。その道筋はシンプルでとてもわかりやすく感じます。



旅の終わりもゆったりと。渋滞を気にしない夜に

そんなレリーサのオススメ時間帯は実は夜。月曜日以外は休憩をはさんでのディナータイムの営業もしており、閉店時間21:30(ラストオーダー20:30)までとゆったり。楽しい旅行のしめくくりに、例えば温泉で疲れを癒してからお食事を楽しみ、渋滞を避けてゆうゆう帰宅…なんてプランはいかがでしょうか? 館山の日帰り温泉施設里見の湯からは車で10分、大浴場と露天風呂が楽しめるホテル&リゾーツ南房総(旧富浦ロイヤルホテル)からは車で5分と好立地。ディナーメニューにはハンバーグやチキンなどのしっかりとしたお肉料理からアヒージョやコロッケのような一品料理、それからもちろん季節の野菜料理まで豊富にそろっています。閉店時間が早く夜ごはんを楽しめるお店の少ない安房地域の中で、とても使いやすくありがたいお店です。


また、インスタ映えスポットとしても有名な木製桟橋のある原岡海岸からも車で5分。海におちるノスタルジックな夕陽の美しさは、誰かの写真を見ているだけでは本当には分かりません。その目で見て、潮の香りと波の音を感じてほしい。もっともっと、この地が好きになるかもしれません。



時代のニーズに合わせた進化の楽しみ

新しいことに敏感で、常に楽しい方向へと変化しつづけているレリーサ。店舗は2年前に船形から現在の富浦へと移転しているのですが、船形時代は手作り石鹸のワークショップやアロマ販売を中心にしていました。実はそのころ(もう10年近く前!)私は石鹸ワークショップに参加したことがあるんです。自分の好きな香りをえらんで、ゆっくりお茶を飲みながら作る自分のための石鹸。とてもぜいたくな経験でした。今後は今の店舗でもそういったワークショップを再開できれば…という想いもあるのだそう。ほかにも雑貨の種類をこまやかにかえたり、ガーデニングに力をいれたり、グループでゆっくりしてもらえるような工夫をしたり…時代の変化と実際にお客さんに求められるものをあわせた店作りは、何度訪れても新しい楽しさがまっているようです。



子連れも歓迎、犬連れもテラス席ならOKです。旅の始まりと終わりにリラックスを。ほっとできるまさに”家庭”のようなお店を探しにきてはいかがでしょうか。



【店舗情報】

店舗名:雑貨&ダイニングカフェLerisa(レリーサ)

営業時間:ランチ 10:30~15:30 ディナー 17:30~21:30(月曜日 10:30~16:00)

定休日:水曜日(都合により臨時休業有、HPの確認をお願いします)

所在地:千葉県南房総市富浦町多田1054-1

駐車場:有(8台)

Web:http://le-risa.com/

Tel:0470-29-5924

関連記事

ページトップへ