南房総ロングトレイル

対象年齢: 20歳~ 料金: 各回6,500円(初回11月24日のみお試し価格3,500円)

隠れビュースポットや先人の足跡を辿る道

「南房総ロングトレイル」は、山、海辺、田舎道などを結んだ道(トレイル)です。標高の低い千葉県では、一年を通してコースを歩くことができます。特に冬は積雪も少なく、空気が澄んでいるため、遠くは南アルプス、富士山、伊豆諸島を見渡せるビュースポットもあります。今年度は「道の駅富楽里とみやま」を起点に、千葉県最南端「野島崎」までの南北を貫く総距離約37kmのコースを、全5回の日程に分けて踏破します。頂上を目指す登山とは違い、道と道をつなぐ旅です。


このトレイル選定にあたって国土地理院の地図、先人の残したコースマップ、コンパスを片手に魅力的なルートを求めてあちらこちらを歩き回りました。おかげで南房総の主要ルートはほぼ踏破。更にコアで魅力あるコースを模索中です。今年度のコース以外にも、驚くようなところに縦横無尽に走っています。今なお残る「道」から先人の想いや生活を想像することもでき、ロングトレイルは過去と私たちをつなげるきっかけを与えてくれることでしょう。南房総の隠れビュースポットや、普通に歩いていたら見逃してしまうような歴史を感じる史跡などなど、南房総の魅力をたっぷりと感じることができます。変化に富んだ南房総の自然、文化、歴史を感じながら、ゆったりと歩ける「南房総ロングトレイル」をお楽しみください。


①11月24日(土) :里見八犬伝ゆかりの地 富山踏破と伊予ヶ岳を望む道 約9キロ
②12月22日(土) :南房総縦走路踏破 御殿山から大日山 約6キロ
③1月19日(土) :ひっそりと佇む金毘羅様めぐり 山名金毘羅山と海老敷金毘羅山 約9キロ
④2月16日(土):里見氏の居城稲村城から小松寺を抜け大貫古道を歩く 約7キロ
⑤3月16日(土):畑集落から千葉県最南端野島崎を目指す 約6キロ


※本コースは登山ではありません。舗装された道や広い一般道路もコース内に設定されていることをご了承ください。


ホストプロフィール

南房総市大房岬自然の家 白井健さん

南房総市出身。2児の父。海から山まで楽しんでおります。最近は田んぼもはじめ、小屋づくりも着手しています。が、なかなか進まず悪戦苦闘。コアな遊びは日も昇る前、外房の砂浜から狙うヒラメ釣りです。釣り方は…お会いしたときにお話ししましょう!
海から山、里海から里山までギュッと凝縮している南房総のフィールドで、いざ野遊びへ!!

記事作成: 東洋平
料金各回6,500円(初回11月24日のみお試し価格3,500円)
料金詳細

体験料、昼食(お弁当)代等
※集合場所までの交通費は含まれません

キャンセルに関して

10日~2日前:30%、前日50%、当日100%

天候等による中止

荒天中止

持ち物・服装

※申込みいただいた方に事前に資料をお送りします。
【持ち物】
★ザック(20リットル前後)  ★飲み物  ★タオル 
★防寒着(休憩後や、日陰に入ると体が冷えることがあります。ダウン、フリースなどご持参ください。)
★保険証(コピーでも可)  ★行動食(歩きながら食べやすいもの。あめやチョコレートなど)
★雨具(天候が急変することがあります)歩きやすいように、上下セパレートのカッパをご準備ください。 
★参加申込書(未提出の方のみ)  ★常備薬(内服薬の用意はしておりません。) ★保険証 ★貴重品

【服装】
★ジーパンなど綿製品は避け、化学繊維質(ポリエステルなど)をご用意ください。
体温調節しやすいように、重ね着をしてください。
★帽子(ニット帽)・手袋・(あれば小型スパッツ、トレッキングポール) 
★履きなれた登山靴または、トレッキングシューズ

所在地 千葉県南房総市富浦町多田良1212-23
集合時間

9:00

集合場所

各回によって異なり、下記は予定となります。お申し込みの方に決定場所をお送りします。
■11月24日(土) :道の駅富楽里とみやま(集合)/道の駅富楽里とみやま(解散)
■12月22日(土) :道の駅富楽里とみやま(集合)/道の駅富楽里とみやま(解散)
■1月19日(土) :道の駅富楽里とみやま(集合)/道の駅富楽里とみやま(解散)
■2月16日(土):JR 九重駅(集合)/JR 館山駅(解散)
■3月16日(土):JR 九重駅(集合)/JR 館山駅(解散)

所要時間各回約6時間(昼食等休憩含む)
最少催行人数2人
年齢 20歳~
参加資格

1日10km程度、6時間程の山道が歩ける方

開催期間

①11月24日(土) :里見八犬伝ゆかりの地 富山踏破と伊予ヶ岳を望む道 約9キロ
②12月22日(土) :南房総縦走路踏破 御殿山から大日山 約6キロ
③1月19日(土) :ひっそりと佇む金毘羅様めぐり 山名金毘羅山と海老敷金毘羅山 約9キロ
④2月16日(土):里見氏の居城稲村城から小松寺を抜け大貫古道を歩く 約7キロ
⑤3月16日(土):畑集落から千葉県最南端野島崎を目指す 約6キロ

申込方法

電話、メール

支払い方法

事前振込み

南房総市大房岬自然の家の体験一覧

ページトップへ